重要なお知らせエリアを非表示

transitbeans

自宅のコーヒーが一番でなくてはいけない 焙煎士の創作とプロセスが織りなす風味 少量焙煎200gに拘る

About わたしについて

世界のコーヒー生産者たちが情熱を込めたSPECIALTY COFFEEの風味をここから届けたい

コーヒーの風味というのは、無限に広い世界です。

Feature 3つの特徴

  • 01

    Top・specialty coffee beans

    トップ・スペシャルティコーヒー豆
    コーヒー生豆には等級というクラス分けが在ります。コマーシャル、プレミアム、スペシャルティ、トップスペシャルティの順に等級が上がっていきます。希少種や他にはない風味を持っている生豆ほど価値が評価され等級が上がっていきます。
  • 02

    Small lot coffee roasting

    小ロットコーヒー豆焙煎
    10年以上コーヒー豆焙煎に向き合ってきた経験を活かし、常に変化する生豆の状態を見極め、スペシャルティコーヒーの風味バランスを整え、個性的な味わいを創ります。一度に焙煎する量は200gだからこそ、量販店にはできない繊細な風味を創り上げます。
  • 03

    Low temperature, long time, roasted coffee beans

    低温、長時間、 コーヒー豆焙煎プロファイリング
    10年以上、個性的で飲みやすく、心躍るような、それでいてインパクトのある風味、飲みやすくする為にキャラクターを打ち消すような焙煎をしている焙煎士と差別化する為に焙煎プロファイリングの考案、検証、修正をしてきました。今 私が出来る最高の風味をお届けいたします。

Pick Up ピックアップ

秋にピッタリの風味

アップルの様な風味とフレバー
秋の コスタリカのコーヒーにおいては、明るい酸の質感やフルーティで爽やかなフレーバーを思い浮かべる方も多いかと思いますが、今回のトレスミラグロス ブルボン ナチュラルにおいては、そうした爽やかな印象度とはまた異なり、甘く濃厚な印象が主役のコーヒーだと感じます。

小さな町の名農園

フォルキーリャ・ド・リオ農園 レッドカトゥアイ
フォルキーリャ・ドゥ・リオ農園は、ミナス・ジェライス州東部の高地カパラオーに位置する小規模農園です。マタス・デ・ミナス地区の地域コンテストでは6年連続チャンピオンに、ミナス・ジェライス州のコンテストにおいても2012年14年と2度の入賞を果たしています。
偉大な農園を蘇らせるために

Mexico Finca Guadalupe Zaju H1 Natural

Santuario Project
付加価値の高い高品質なコーヒー生産を通じて、伝統のある農園の復興に動いたエドゥアルド・エステベ氏。コーヒー生産の経験がなかった彼は、その生産ノウハウを学ぶべく招いた専門家チームが、当時コロンビア国内に留まらず、ブラジルやコスタリカで高付加価値なコーヒー生産をおこなっていたコロンビア サンチュアリオ農園のカミーロ氏でした。彼は2010年から世界中の素晴らしいコーヒーをマーケットに供給したいとメンバーとプロジェクトを始め、コロンビアのインマクラーダを始め、ブラジルのイルマス・ペレイラ農園のNew Flavors Projectなどのアドバイザーを務めていました。そして、2017年に本格的にSantuario Projectを発足。グアダルーペ・ザフ農園などメキシコのコーヒーにも注力し、コロンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの4か国でパートナーたちとユニークで最高のコーヒーを作ろうと動きました。    今回のH1品種もこのProjectを通じて植えた品種で、サルチモールT5296(ティモールハイブリッドとビジャサルチの交配種)とスーダンルメによるF1交配品種です。耐病性や収量が良好で、植え付けから収穫までの期間は他の品種よりも短く、優れた風味特性を持つ品種として、2010年にCICAD、PROMECAFE、CATIEによって研究・作成された品種です。中米を中心に近年生産が行われ、セントロアメリカーノ種とも呼ばれています。

Products商品一覧

Blogブログ